2018 日赤減災セミナー

10月27日に第三地域センターに於いて赤十字より講師を招き、減災セミナーが行われました。自助・共助・公助などに関する講義と、応急手当についての実技を出席者と一緒に行いました。
画像

講習会の開始
会長の挨拶、講師の紹介で講習会が始まりました。
画像

災害・減災の講義
多くの災害現場で地域住民どうしの共助で救われた人がたくさんいる。公助の割合は10%で大きな災害になるほど困難になるとの事。
・自助70%、共助20%(過去の統計から)
・都内の救急車の台数は300台程。
・自分の身は自分で守る“自助”が非常に重要。
・地域防災力向上には、乳幼児、子供、老人、外国人への配慮も必要との事でした。

三角巾の使用法
三角巾を帯状にたたむ
空中で折りたたむ事で三角巾を雑菌に感染させることなく、清潔な状態で帯状にすることが出来ます。(机や床に置いてたたむと雑菌が付着する)
画像

負傷した腕の固定
出血を止めるにはまずは出血部分を圧迫する。三角巾はこの止血にも有効との事です。
画像
画像
画像

負傷した足首の固定
画像


三角巾は有効な使い道が多くあり覚えておくと非常に便利なものです。

中延一丁目町会 保健衛生部

0

この記事へのコメント