日赤減災セミナー 2017

7月22日に第三地域センターに於いて赤十字より講師を招き、減災セミナーが行われました。今回の講習会は防災・減災の重要性などに関する講義と、応急手当と傷病者の搬送方法についての実技が主体でした。また、いざと言う時に役立つセルフケアセットと新型担架を贈呈いただきました。
画像

講習会の開始
保健衛生部長、会長の挨拶、講師の紹介で講習会が始まりました。
画像
画像

防災・減災の講義
多くの災害現場で地域住民自身の自助・共助ですくわれた命がたくさんある、との事。
大規模災害では公助を期待できない とも。
画像
画像
画像

止血法
出血部分を心臓より上にあげる。加えて傷口を圧迫する。
これで出血が少なくなります。
画像

セルフケアセット
贈呈いただいたセルフケアセット。ガーゼ、絆創膏、ハサミ、添え木など約50人分のケアセットとの事。
画像
画像

新型担架
贈呈いただいた新型担架の扱い方の指導。
まずは声掛けで搬送する人と、傷病者の双方に次の作業を告げて意識させる。準備をさせる。
搬送用コード(紐)はたすき掛けにすることで、搬送する人の方向転換が無理なく行えます。
画像

新型担架を厳しく?評価?
画像

少人数での搬送
画像

終わりです
副会長の挨拶で終了しました。
画像

質問も多く、参加者の熱心の程が伺えたセミナーでした。


中延1丁目町会 保健衛生部

この記事へのコメント

善良な区民
2017年07月27日 16:09
 この様なことをしている町内会があるのだと、興味をもって見せて頂きました。大変勉強になりました。
 参考にさせて貰います。只、保健衛生部主催と書いてありましたが、保健衛生に関しては、何もありませんでしたね・・?